中学受験という言葉はどのような意味か

中学受験とは、読んで字の如く中学校に入学するために行う受験や試験のことを指す。
国立中学の受験や、私立中学入試、中高一貫校受験など、一口に中学受験といっても多種多様である。
そもそも小学生は義務教育により、卒業すれば受験をしなくても中学校に進学が可能である。
しかし、より質の高い教育や、ある分野に特化した教育を受けるため、受験の必要がない小学生が希望の中学校に志願し、受験をするのである。
中学受験という言葉は、昔は認知度も高くなかったのだが、より幼いうちから質の良い教育を行うのが素晴らしい教育であるという考えが広まるにつれ、中学受験も小学生の進路選択の1つとして広く普及されるようになっていったのだ。
公立の中学校に進学するよりも学費がかかる事や、受験のために遊ぶ時間を大幅に削っての勉強は問題視すべき点であるが、高い目標意識を持つ子供たちや、未だ学歴が重んじられる日本において子供の将来を懸念する親にとっては、画期的で必要な受験システムであろう。
気になる中学受験情報は中学受験塾チョイス※評判?費用?塾選びの比較ポイントで集めましょう。